Home 投稿について 「ISIJ International」投稿規程
「ISIJ International」投稿規程
2019.03.26

ISIJ International は、月刊で出版される 日本鉄鋼協会の論文誌であり、広く国内外の会員、非会員からタイムリーでオリジナルな投稿を受け付けている。


1. 原稿の内容:

本論文誌は、鉄鋼および関連材料の製精錬、プロセッシング、性質、分析、環境問題などの科学・技術全般に関して発表し、議論するための媒体である。
「鉄と鋼」,「ISIJ International」の両誌掲載以前に公開刊行物に発表される可能性がなく,オリジナリティのあるものに限る。本会発行の「材料とプロセス」に関しても重複度の高い場合には,オリジナリティが喪失していると判断する。
「鉄と鋼」または「ISIJ International」に掲載された原稿(論文およびレビュー)は、その発行日から1年以内に限り相互に転載のための投稿を認める。ただし、俵論文賞、ギマラエス賞受賞論文は、受賞決定日(受賞式実施日)から1年以内,また特集号掲載論文については、その発行日から1年6ヶ月以内,その他の論文誌編集委員会からの依頼や勧誘があった論文は,その依頼・勧誘日から1年以内の投稿に限り相互に転載を認める。投稿時に「鉄と鋼」から「ISIJ International」への転載であることを原稿のタイトルページに明記するとともに、電子投稿画面の所定欄(Statement of Prior Disclosure)に入力する。転載原稿は、原原稿と同一原稿として扱い、タイトル、著者、著者の記載順、および記述内容の変更と見なされる図表の変更などは認めない。ただし,審査の結果,修正,返却もありうる。


2. 原稿の種類:

(1) 論文/Regular article(刷り上がり10頁以内を目安とする):
 鉄鋼工学,材料学,製造技術,設備技術及び鉄鋼および関連材料の利用技術に関する学術ないし技術上の成果を記述し,その内容の客観性を論証したオリジナルなもので、記述された情報に基づいて主要結果が再現可能なもの。

(2) レビュー/Review article:
 一つのテーマについて、既発表の情報を総合的に集録・紹介したもの。論文誌編集委員会からの依頼を原則とするが、著者の自主投稿も可能である。

(3) 寄書/Note (刷り上がり3頁以内):
  (a) 速報価値のある発見や成果を要領よくまとめたもの、(b) 新しい研究や技術を簡明に紹介したもの、 (c) 読者に興味のあるトピックス、意見、提案を述べたもの、 (d) 「鉄と鋼」「ISIJ International」両誌に掲載された論文等に対する反証、例証等を述べたもの。
投稿した原稿の種類を変更することはできない。編集委員会から原稿種類変更の判断があった場合も、新規に投稿しなければならない。


3. 言語:

 全て英語。論文中で一貫していれば、綴りはAmericanでもBritishでもよい。


4. 単位:

 国際単位系(SI)を用いる。但し、SI併用単位は使用 できる(別表参照)。


5. 原稿の必要条件:


6. 投稿手続き:


7. 受付後の取り扱い:

 原稿は論文誌編集委員会において審査し,掲載の可否を決定する。審査の結果,修正・加筆・削除等を著者に依頼することがある。


8. 原稿の修正:


9. 受付日と受理日:


10. 校正:


11. 採択原稿の早期公開:

 著者が早期公開を希望し,そのために必要な料金を支払う場合は,採択原稿を本誌掲載前にJ-STAGE上で公開することができる。


12. 著作権:


13. 掲載料:


14. 不正行為および不適切行為の禁止: