Home 投稿について 特集号の原稿募集中 「ISIJ International」特集号「Energy and Material Efficiency and CO2 Reduction in the Steel Industry」原稿募集のご案内
特集号の原稿募集中
「ISIJ International」
特集号「Energy and Material Efficiency and CO2 Reduction in the Steel Industry」
原稿募集のご案内

 EMECR2017(International Conference on Energy and Material Efficiency and CO2 Reduction in the Steel Industry)国際会議は、2011年の第1回会議(EECR:独), 2014年の第2回会議(ESEC2014;英)に続き、第3回会議として開催したもので、清新で活発な会議となった。
 テーマは日本が得意とする鉄鋼業、鉄鋼業の周辺、及び派生技術における環境技術(温室効果ガス(CO2)排出の削減、製造技術、エネルギー、材料の効率化、社会科学等)に関するものである。
 会議では鉄鋼業におけるエネルギー効率の向上と温室効果ガス(CO2)排出の削減、鉄鋼製品の長寿命化による環境負荷低減に関する議論を展開する。会議では鉄鋼、環境に関する代表的な技術者、研究者による各国の技術、研究の動向、最新の研究成果が報告されるとともに、人的交流の活性化を目的としたレセプションおよびバンケットを開催し鉄鋼業の効率化、環境負荷低減における技術者、研究者間の関係強化が図られた。なお、本会議は、世界各国の鉄鋼協会が持ち回りで主催するもので、2017会議の盛況、成功もあり、すでに第4回 2020年ブラジル、第5回2023年イタリア、第6回2026年中国は決定しており、その礎としても特集号を発行する意義は大きいものと考え、この方向性に合致する原稿を公募する。


1.スコープ: 鉄鋼業におけるエネルギー効率の向上と温室効果ガス(CO2)排出の削減、鉄鋼製品の長寿命化等による環境負荷低減に関する研究、開発に関する原稿を公募する。なお、原稿はEMECR2017で行われた講演の限らず、上記の趣旨に沿う原稿も歓迎するものである。
2.投稿締切: 2019年12月27日(金)必着
(締切日を過ぎて投稿された原稿は通常の投稿原稿として受付けます)
3.発行予定: 「ISIJ International」Vol.60(2020年),No.10(2020年10月発行)
4.投稿規程、
   審査方法:
投稿規程は論文誌投稿規程(https://www.isijint.net/jp/submission/)をご参照下さい。
審査は通常の審査方法に準拠します。
5.企画世話人:
    問合せ先:
山本 高郁 京都大学 高等研究院 客員教授
TEL. 090-8847-4856, FAX. 06-6459-7325,
E-mail: takaikuy1221@outlook.jp または tyamamoto@icems.kyoto-u.ac.jp
6.原稿送付先: 下記サイトの電子投稿画面からご投稿ください。
http://mc.manuscriptcentral.com/isijint

電子投稿の操作に関し、ご不明の点は、本会編集グループにご連絡ください。
(Tel. 03-3669-5933 E-mail: editol@isij.or.jp)